インプラント 審美歯科 マイクロスコープ CT 完備 レベル10000クラス手術室 神奈川県 横須賀市 せん歯科医院

SenDentalClinic インプラント

Clinic Introduction : クリニック紹介

院長 : 千 栄寿Birthplace:Yokosuka, born in 1966

院長略歴

・Tokyo SJCD member
・日本顎顔面インプラント学会 会員
・日本顕微鏡歯科学会 会員
・日本口腔インプラント学会 会員
・日本歯科審美学会 会員
・ITI study club, area leader_kanagawa(2009-2010)

主な著書

写真:医院長

クリニック沿革

1994 せん歯科医院開院

・保険診療主体に地域に貢献することを目標としてスタート

・開院当初より外科手術室(Implant専用)完備

・歯科技工施設併設

1999 新東京歯科衛生士学校臨床実施施設
2002 神奈川歯科大学付属病院協力型臨床研修施設
2004

・1人約2時間枠のImplant & Esthetic(審美治療)専用診療個室1室 完備

2005

マイクロスコープ PROergoS7 microscope導入応用開始

2006

・Dr1人の1日あたり予約患者人数を最大21名に制限

2007

・咬合診断装置キャディアックス導入

・マイクロスコープ増設 MOLLER UNIVERSA 300 microscope

・デジタルX線装置導入 (低被曝化)

・デジタル院内LAN構築

・手術室新設: 手術野の空気清浄度は米国連邦規格FED.St209E規格、クラス10,000-を確保(マイクロサージェリーに適した設計で主にインプラント関連手術と歯肉プラスティックサージェリー等に有利)

brumaba OP

写真:医院内
手術室 インプラント
写真:医院内
2008

・CT導入(歯科用小照射野X線コーンビームCT)
3DX MULTI-IMAGE MICRO CT FPD8

Piezosurgery mectron導入

2009

EOG滅菌器イオジェルク(SA-N540)導入

2011

Piezon master surgery(EMS) 骨手術用器械 導入

・CEREC AU導入

・CEREC MCXL導入

・in Eos スキャナー導入

・プログラマットCS

・マイクロスコープ増設 Leica M320 microscope

・内視鏡導入

2012

・Straumann(R) CARES(R)  ガイデッド サージェリー システム導入

・coDiagnostiX(TM) ソフトウェア

・gonyX(TM)

2016

・マイクロスコープ2台増設(合計5台稼働) Leica M320 microscope …全ての診療ユニットにて顕微鏡治療可能

・診療ユニット入替

アクセス情報

京浜急行久里浜線「北久里浜駅」下車 徒歩0分

アクセスマップ MAP

駐車場なし

line
line